イソフラボンで女性ホルモンを高める

何となく身体がダルくなったり、貧血を患ってしまったり、月経が乱れているなどの症状なら、子宮まわりの働きが弱っているのかもしれません。
女性ホルモンのエストロゲンに似ているとされている大豆イソフラボンは食事をすると血中に入り、身体はエストロゲンと感知してくれます。
ですから大豆を摂取することは身体に変化を与えてくれると言うことになりますが、ではどれほどの大豆イソフラボンを摂取すれば女性ホルモンを増やすことができるのでしょうか。
体内にキープをするのであれば、一日に二回つまり朝と夜になります。
大豆を摂取し体内吸収されたイソフラボンは約六時間から八時間くらいで半分になってしまいます
つまりこのくらいの時間間隔を理解して摂取すると効果が持続すると言うことになります
また大豆とは実に沢山の食材が存在しますが、例えばゴマを合わせてみると、エストロゲンに似たゴマリグナンがホルモンを高めてくれます。
抗酸化野菜などを合わせると血管の若返りや美肌効果などもありますが、大豆は骨の健康もサポートするので
骨密度も高めてくれます。
また肥満防止にも良いことから、中性脂肪を抑え腸内細菌がいるかどうかは食生活に関係してくるので、できるだけ大豆を摂取するようにしましょう。