エストロゲン分泌のピークは思春期&排卵直前です

女性ホルモンの1種とされるエストロゲンは、別名“卵胞ホルモン”とも呼ばれ卵巣から出る卵胞の成長を助けるホルモンのことです。
ホルモンにより脳の下垂体が刺激を受けると、性腺を刺激するまた別のホルモンを分泌します。
それに反応した卵巣が、卵巣内の卵胞をおよそ20個ほど成長させる仕組みです。
エストロゲンは女性らしい体作りに欠かせません。
受精卵の着床を助けたり、自律神経を整えたり、血管の働きを調整して骨を強くする作用があります。
また子宮内の状態を整える役目も担っています。
エストロゲンが多く分泌する時期は、生理の終わり頃です。
ピークになるのは排卵の直前で、その後は減少してしまいます。
ピークの時は心身共に体調が安定する人が多く、また妊娠しやすい時期とも言われています。
生理周期の中でこのサイクルを繰り返していて、年齢においてのエストロゲン分泌量のピークは思春期です。
また更年期と言われる40歳前後から、卵胞自体の数が減るので同時にエストロゲンも減少していきます。
これにより肩凝りや頭痛、苛々、鬱症状が出る場合もあります。
年齢を問わず、このホルモンが正常に働かないと生理不順などの障害を引き起こし妊娠する確率も減少します。
生活習慣を見直して、適度な運動を心がけることが重要です。