イソフラボンの効果は水溶性

アンチエイジングや骨粗しょう症、更年期障害やバストアップなど様々な健康効果が期待できると言われている大豆イソフラボンですが、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすると言われていて特に女性に人気の健康成分です。

そんな大豆イソフラボンですが、水溶性という特性を持っているので様々な形で摂取しやすいのが人気の理由の一つにもなっています。

では、どういった形で摂取できるのかですが、水溶性という特性を生かしたものであれば豆乳などは代表的なものになります。
最近では様々な味の豆乳が販売されていて、飽きずに続けられるようになってきていますが含有量にはかなりの差があるケースがあるのでそういった点には注意が必要です。

水溶性なので豆乳はもちろんわかり易い例ですが、豆乳が良いということは豆乳を元に作られている豆腐も当然優れた摂取方法になっています。

大豆製品に多く含まれていることから、納豆などももちろん効果的です。
その中でも特に優れているのが味噌です。

なぜ味噌が優れているのかというと、大豆製品の中で唯一アグリコン型のイソフラボンが含まれているからです。
豆乳など一般的なものは糖と結びついているのですが、アグリコン型は糖が外れていて吸収率が3倍以上優れているのです。